« 陰謀論、愛好家?(ワクチン編) | トップページ | 日本百名山 95座登頂 »

山の季節?

昨年の12月には、パンデミックの間隙をくぐりぬけてインド旅行に挑戦した。そして今年、また山の季節がやってきた。残った山は、北海道の8座と、屋久島の宮之浦岳のみ。北海道の山は7月から9月しか歩けない。北アルプスと同じ。

この夏に2〜3回、北海道を攻略して、この8座をクリアしたい。何のために、家から1,000kmも離れた土地にいって、ヒグマに襲われるかもしれない山行を計画するのか。もう自分でもよく分からない。泳ぎつづけないと死んでしまうサメのように、ぼくはただひたすら山頂を目指しつづける。

トムラウシ。十勝岳。大雪山。そしてチャンスがあれば後方羊蹄山(しりべしやま)。めんどくせーな、かったるいなー。エアチケットたけーな、レンタカーもたけーな。とか、いろいろ不満を感じるのだが、いったらいったで独特の高揚感を感じる。いつものこと。

なんで昔、GT-Rに乗りたかったのか、なぜNINJA1000というリッターバイクにまたがってるのか。何が好きで北アのピークを踏むのか。もうね、もうなんにも分からないよ。ただ胸の奥からパッションがあふれてきて、ぼくを冒険へと駆り立てる。冒険をしないと死んじゃう気がする。だから前にむかって歩み続ける。ただそれだけ。

 

 

« 陰謀論、愛好家?(ワクチン編) | トップページ | 日本百名山 95座登頂 »