アルバム整理

かねてより本棚を捨てたいと思っている。ただ、本棚にはアルバムがつまっているので、これをなんとかしないと捨てられない。ということで、お盆休みを使ってアルバムを整理することにした。

アルバムから写真を一枚いちまい剥がしてScanSnap1500でスキャンするまでは誰でもできる。ただ、ぼくは家のなかで写真を三重バックアップしたうえで、四重目はGoogle Photosにアップしている。

ところで、このGoogle PhotosではEXIFをもとに写真を並び替えている。アナログな銀塩写真にEXIFはないので単純にスキャンすると古い写真が一番新しいところにくる。

で、写真のExifを修正するにはいろんな方法があるが、今回はexiftoolというコマンドラインのツールを活用することにした。exiftoolでEXIFが修正できることを確認したところで、大量の写真をもとに頭を抱える。

普通に考えてプログラムを書いたほうが早いのだが、Excelとテキスト整形でなんとかならないだろうかと小一時間ほど悩んで諦める。試行錯誤を繰り返したうえで、結局昔ながらのPerlでスクリプトを書く。

#!/usr/bin/perl
use DateTime;

#Initial settings
my $startyear = 2008;
my $startmonth = 6;
my $startday = 7;
my $path = "/Volumes/USBHDD/PhotoAlbum/2008〜hogehoge/*";

my $dt = DateTime->new(
  year => $startyear,
  month => $startmonth,
  day =>$startday,
  hour => 9,
  minute => 0,
  second => 0,
);


my @file = glob "$path";
for (my $i=0; $i <=$#file; $i++){
  my $year = $dt->year;
  my $mon = $dt->month;
  my $day = $dt->day;
  my $hour = $dt->hour;
  my $min = $dt->minute;
  my $sec = $dt->second;
  system("exiftool -alldates='$year:$mon:$day $hour:$min:$sec' $file[$i]");
  print "exiftool -alldates='$year:$mon:$day $hour:$min:$sec' $file[$i]\n";
  $dt->add(minutes =>1);
}

これで、どんな写真でもGoogle Photosのどの位置にでもピタッと表示させることができるようになった。結構、楽しい。50 代の夏休みの自由研究。「my $i=0; $i <=$#file; $i++」の「$#file;」がちょっと格好いいかなと思う。Life is beautiful.

NURO光 チャネル帯域幅の話

NURO光で有線で500M、WiFiでも300Mくらいでていて最高速度はすこぶるよいのだが。WiFiがしばしば切れると家族から不満の声が。調べて見ると、5Ghzでチャネル帯域幅を80に設定すると、1台の端末であまりに多くの帯域を消費してしまい、たとえばスピードテストなどを繰り返すと他の家族に迷惑がかかることが判明した。

ということで、帯域幅を40に設定してみたところ、結構いい感じになってきた。毎日、オンライン会議に参加してWiFiがぶちぶちきれて結局4Gを使うみたいな日々が続いてきたが、今日明日と様子を見てみることにしよう。Life is beautiful.

マクドナルド +100円でパテ倍増

久々にビックマックが食べたくなって、散歩がてらマクドナルドへ。メニュを見てみたら+100円でパテが倍増になるということなので、注文してみた。で、でてきたのは4枚のパテが挟まれたビックマック。なんだこれ!?

ただ、こういう定番メニュというのはよくよく塩加減とかがよく考えられているので、味付けのされていないパテを単純に二倍にすると、全体としての味がおちるようだ。以前、ギガビックマックを食べたときにもどうしようもなく不味かった。

ということで、ビックマック+パテ倍増はバーガーキングのトリプルワッパーの足下にも及ばないのであった。やっぱどう考えてもハンバーガーはバーガーキングのほうが美味しいと思う。

«ラーメン大